安原 徳子

yasuhara-header



 安原研究室では、細胞核の働きを分子の流通をとらえることで解き明かします。研究は動物細胞を用い、分子生物学、細胞生物学的な実験方法を駆使して細胞の神秘に迫ります。
 
 

研究内容

 真核生物の細胞に存在する核は、遺伝情報を守る大切な細胞小器官です。この核は、核膜という二重膜でおおわれ、外とは隔離されています。細胞が生きていくうえで、遺伝情報を必要な時にうまく利用した活動が欠かせません。それには、細胞の周りで起こる様々な変化に対応し、隔離されている核にその情報を伝えなければなりません。私たちの研究室では、このような核に情報を伝える仕組みである「核輸送」について研究します。
核機能と核輸送

細胞運命決定と核輸送