研究紹介

末永 敦 研究室 研究紹介

研究の柱となるのは、分子シミュレーションです。生体内に存在する様々な分子の挙動を、計算機で「シミュレーション」することで、非常に小さい、そして早い動きを理論的に観察します。その分子の動きから、より効果的な薬や人工的な分子を計算科学的に設計します。このような研究分野はまだ新しく、これから新しい発見が生まれるかもしれません。
 
»計算機を用いた新薬の設計
»計算機を用いた高機能性ペプチド分子の設計
»生体高分子の動態の解析
 

計算機を用いた新薬の設計

薬の候補となる化合物は、膨大な数があります。その候補となる化合物を、計算機(コンピュータ)の中で標的タンパク質にドッキングさせ、その結合の強さを計算機シミュレーションで理論的に予測し、有力な薬の候補を絞り込みます。それら計算機によって絞り込まれた薬の候補のみを実際に実験することで、新薬開発にかかる労力と費用を大幅に改善できると期待されています。

計算機を用いた新薬の設計

 
 

▲TOPへ戻る

計算機を用いた高機能性ペプチド分子の設計

ペプチド分子は、生物の体にもともとあるタンパク質の分解された物なので、人工的に作られた低分子化合物の薬に比べて副作用が抑えられると期待されています。しかし、低分子化合物に比べ、より多くの候補を調べなければいけません。そこで、膨大な数のペプチド候補分子を効率よく絞り込む新規手法の開発を行っています。

計算機を用いた新薬の設計

 
 

▲TOPへ戻る

生体高分子の動態の解析

生物の体の中で、タンパク質は「分子機械」とも呼ばれ、大変重要な働きを担っています。そのようなタンパク質の機能は、タンパク質の持つ構造とその動き(動態)に深く関係があります。つまり、機能を深く理解するためには、その構造と動態について調べる必要があります。タンパク質は、非常に小さく、かつ早く動いています。そこで、計算機の登場です。計算機を使ってタンパク質の非常に小さな、そして早い動きをシミュレーションすることで、生命現象をより深く理解するために日々研究をしています。

計算機を用いた新薬の設計

 
 

▲TOPへ戻る