カリキュラム

カリキュラム

生命科学科のカリキュラムは基礎から専門へと積み重ねていく中で、「バイオ工学」など実際の応用的事例についても学ぶことが出来るように構成されています。1年次には導入科目として「生命科学概論1・2」の他、実験データの解析に重要な「生物統計学1・2」をはじめ、数学や物理・化学といった基礎科目中心のカリキュラムとなっています。2、3年次には、学科専門科目を中心に履修します。一般性の高い内容から、次第に専門性、応用性の高い内容を学ぶように構成されており、幅広い生命現象を様々な階層で理解し、応用発展させる能力を養います。また、1年次から4年次まで、通年で実験、研究科目を履修し、技術力を養います。さらに、4年次では卒業研究を通じて問題を見つけ解決する能力や論文作成能力、プレゼン能力を鍛えます。

カリキュラム